<亀山 修 -Osamu Kameyama->

1980年生まれ。栃木県日光市出身。

母親がプロの社交ダンサーだったことから、歩くよりも早く社交ダンスを始める。
中学生で大会デビューしてから頭角を現し、18歳で最初のアマチュア大会に出場後、わずか1年で最下位の階級からトップの階級へ上り詰める。

その後、しばらく栃木の呪縛に縛られたり、なぜか春日部に移り住み、家賃を払えずに居留守を使う経験をしたりした後、満を持して東京へ進出。
翌年、あっという間にプロデビューを果たし、「今まで何やっていたんだろう」と思う。

プロデビュー後は、すぐに世界大会で6位を獲得し、その後に続く競技会では国内外を問わず、常にトップを争う。

2015年には、社交ダンス界のマスターズ(←ゴルフのです)的位置付けのブラックプールダンスフェスティバルに招待され、出場。

2008年に、自身の社交ダンススタジオ
K-Dance Style(K-ダンススタイル)をオープン。

現在は、社交ダンスの講師として精力的に競技会への出場もこなすほか、コリオグラファー(振付師)としても活動する。

好きな食べ物は、焼肉・ビール・アイスクリーム・島らっきょう(←自宅での栽培を検討中)。

*亀山修からのメッセージ*

社交ダンスは、競技仕様のハードなものから趣味で楽しく踊れるものまで、幅広く様々な世代の方に楽しんでいただけるダンスです。
男性が女性をエスコートするため、男性は男性らしく女性は女性らしく動く、とてもエレガントな動きが特徴で、紳士淑女のマナーに通じるところもあると思います。
コアな筋肉を使うため、姿勢が良くなり、ダンスフロアを動き回るのでダイエット効果もバッチリです。
気になった方は、一度お気軽にいらしてみてくださいね♪