近年、認知症や体の不自由なお年寄りに対して様々な療法が行われていますが、中でも運動は、認知機能・身体機能ともに大きく向上させる効果があると認識されています。

特にダンスは、淡々と体を動かす体操などと違い、音楽に合わせて楽しく体を動かすので、より高い効果が認められているようです。

さらに社交ダンスは、男女でペアを組んで踊るので、「触れ合うことが重要」としている最新の認知症療法であるユマニチュードに通じるところもあるかと思います。

レクリエーションや運動タイムに、「社交ダンス」はいかがですか??

皆さんそれぞれの体に合わせた、優しい社交ダンスをレクチャーいたします。

(車椅子に座ったままでもOKです!)

・歩くのがおぼつかなかった人が、手すりに掴まらずに歩けるようになった

・生き生きとしてくる

・歩行器を使わなくなった

・認知症の方の症状が改善した

等、嬉しい声をいただいております。

お客様のホームでも、「社交ダンス療法」を取り入れてみませんか??

お気軽にお問い合わせください。